離婚・養育費Q&A 記事一覧

養育費の未払い分の回収方法とは?改正民事執行法を弁護士が解説!

厚生労働省が発表した「平成28年全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、現在も養育費を受け取っている割合は母子家庭で24.3%となり、4人中3人の割合で、母子家庭は養育費を受領できていない状態となります。 養育費の未払いが発生した場合はどのように行動すればよいのか 相手に請求する まずは、直接相手に連絡して支払うように請求しましょう。 ライン、メール、電話でも、書面でも構いません。郵便受 続きを読む

子供の認知とは?

認知と養育費 女性が未婚のまま子を出産した場合、認知と養育費が問題となります。 なぜなら、子の血縁上の父が認知をしなければ、法律上の父子関係がないため、養育費を求めることができないからです。 認知の種類 任意認知 血縁上の父が認知届を、父の本籍地又は住所地、または、子の本籍地がある市区町村役場に提出します。期間制限はありませんが、子が胎児の場合(出産前)は母の承諾が、子がすでに成人してい 続きを読む

元配偶者が再婚したら養育費はどうなる?

養育費を受け取っている元配偶者が再婚した場合 AとBが離婚し、Bが子の親権者となり、Aが養育費を支払っている場合、Bが再婚しても、Aは引き続き子の親として養育費を支払う義務があります。 ただし、Bの再婚相手が子と養子縁組をした場合には、再婚相手に子を養う義務が生じ、Aの義務は二次的になりますので、Aが養育費減額調停を申し立てた場合、再婚相手の経済力によってはAの養育費の減額若しくは免除が認めら 続きを読む