浮気・不倫

浮気と離婚についてご説明しましょう。

パートナーのいる人が浮気をすることを不貞行為と言い、パートナーに対する裏切り行為ですので、離婚の理由となります。

不貞行為とは?

法律的には不貞行為と言い、不貞行為は、結婚している者が自由な意思に基づいて、結婚相手以外の異性と性交渉を行うことです。たった1回きりでもよく、お金を支払う買春や売春、援助交際も含まれます。また、相手方の意思を制圧した強姦、強姦に至らないセクシャルハラスメントも含まれます。

不貞行為が発覚した場合、素直に認める場合とあくまで否認する場合があります。素直に認めた場合も証拠がないことを良いことに否認に転じることもありますので、不貞を認める謝罪文をとっておく、会話を録音しておくなどの証拠を作っておく必要があります。

不貞行為の証拠の例

不貞行為の証拠としては下記のものが挙げられます。

〇携帯電話やメールの記録

不貞関係にあると、今まで自宅内に放置していた携帯電話を自宅に持ち込まなくなったり、パスワード設定して盗み見できなくすることがあります。不貞の発覚のきっかけは携帯電話 がというのが多いです。記録は写真撮影しておきましょう。

〇クレジットカードの利用記録

不貞相手との旅行、ラブホテルの支払が記録されていることがあります。

不貞の証拠を見つけるための手段について

興信所(探偵)に頼む場合

尾行。期間が長くなると費用がかさみます。

不貞行為の相手方と同居している場合

住民票(弁護士に依頼し、住民基本台帳の閲覧をすることにより取得できます。)

不貞行為の相手方との間に子のある場合

戸籍謄本(まれに夫が内緒で認知していることがあります。相手方の戸籍謄本は、住民票から同様にたどります。)

不貞行為の例

a:夫に彼女ができ、デートしているようです。

大人の交際でしょうから、デートに止まらず発展する可能性があります。単にデートでは不貞とはなりませんので、調査が必要です。

b:夫が出張中ソープランドを利用しています。

売春に至らない風俗店の利用は、直ちに不貞行為とはなりませんが、風俗店の中には売春を行っているところもありますので調査が必要です。

c:夫と別居して離婚の協議中ですが、夫に彼女ができて同棲しています。

夫婦関係が破綻後の関係を結んだ場合は不貞行為となりませんが、別居前から交際していたのでないか調査する必要があります。

d:夫が浮気をしたので私も浮気をしました。不貞行為となりますか?

夫婦関係が破綻した後でなければ不貞行為となります。

有責配偶者の離婚請求

浮気をした夫が離婚を言い出しました。有責配偶者の離婚請求と言って、

・5年以上の別居期間
・未成熟年の子供がいないこと
・離婚に反対する相手方の離婚後の十分な生活保障

がなされて初めて離婚が認められることになります。

当事務所の解決事例一覧

夫の不貞行為を発見!「今後一切連絡を取らない」と不貞相手に合意させ、1月ほどで解決した事例
不貞慰謝料を請求され,弁護士の交渉により解決金を支払し解決できた事例

弁護士による離婚の無料相談実施中!

藤井義継法律事務所では、初回相談は60分無料となっております。

「離婚の話し合いを相手と続けていたが、まとまりそうにない」

「離婚の話を急に切り出されて困っている」

「相手が不倫・浮気をしていたので慰謝料請求をしたい」

「不倫・浮気がばれて慰謝料請求をされて困っている」

などのお困りごとにに、弁護士歴30年以上の実績豊富な弁護士を含めた男性・女性の弁護士がお応えいたします。

ご相談をご検討されている方へ>>

当事務所への無料相談のお申し込みは、078-362-2411にお電話いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

この記事の執筆者

弁護士藤井義継

弁護士 藤井義継

専門分野

離婚・相続など家事事件

経歴

昭和63年に弁護士登録後、神戸市の事務所勤務を経て、平成4年に藤井義継法律事務所を開設。相続、離婚、不動産トラブルなど、家事・民事事件を多く取り扱う。

弁護士会の活動として、神戸地方裁判所鑑定委員や神戸地方法務局筆界調査委員を経験。平成16年には兵庫県弁護士会副会長も経験している。

弁護士歴30年以上の豊富な実績があり、離婚問題の早期解決を得意としている。

詳しい弁護士紹介はこちら>>