3年前の浮気は慰謝料の請求はできますか?

浮気による慰謝料請求

浮気による慰謝料は、不法行為による損害賠償請求のことであり、損害および加害者を知った時から3年で消滅時効が完成します。

3年前の浮気でも、浮気が続いている場合には、浮気が終わった時から時効が進行します。

また加害者を知った時とは、判例上、不貞相手の氏名や住所等連絡先を知った時になりますので、名前はわかるが連絡先が不明というケースでは時効は進行しません。

配偶者に対する慰謝料請求

浮気をした配偶者に対する慰謝料請求は、離婚時から進行しますので、焦る必要はありません。

 

弁護士による離婚の無料相談実施中!

藤井義継法律事務所では、初回相談は60分無料となっております。

「離婚の話し合いを相手と続けていたが、まとまりそうにない」

「離婚の話を急に切り出されて困っている」

「相手が不倫・浮気をしていたので慰謝料請求をしたい」

「不倫・浮気がばれて慰謝料請求をされて困っている」

などのお困りごとにに、弁護士歴30年以上の実績豊富な弁護士を含めた男性・女性の弁護士がお応えいたします。

ご相談をご検討されている方へ>>

当事務所への無料相談のお申し込みは、078-362-2411にお電話いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

この記事の執筆者

弁護士 新内谷早紀

専門分野

離婚

詳しい弁護士紹介はこちら>>